「ちりとてちん」?
実は落語の演目です。三味線の音色から取られた“微妙な”食材(?)「ちりとてちん」。
噺家の目から見た“食”の話題を取り上げてもらいます。さて、どんな話が飛び出すのやら・・・

「香港、B級グルメ」

 清八でございます。

 7月19~21日、香港へ行ってきました。週間天気予報では台風の影響で雨となっていましたが、連日気温33度湿度89%でした。もっとも日本国内での最高気温は37度でしたので、どちらも炎熱状態でしたね。何で、こんな暑い時期に香港へ行ったかというとベルギー在住の稲田シェフのお勧めで、ホテルランガム内のタンコートという広東料理レストランを体験してみたかったからです。ホテルにチェックインして、すぐに19日のディナーと20日のランチを予約できました。さすがに、この店内では撮影禁止なので、今回のレポートは、タンコート以外のB級グルメとさせていただきます。
先ずは、香港スイーツです。チムサーチョイのカントンロードの真ん中あたりにシルバーコード(Silvercode)というショッピングモールがあり、その地下一階にクックデリ(CookeDeli)というフードコートがあります。フードコートとは、ショッピングセンター内にいろいろな飲食店のブースがあって、言葉がわからない国でも番号を言ったり、指差すことによって注文できるのでたいへん便利です。
この中のテナントの一つに「満記」というお店があります。この香港スイーツショップは香港内に8店舗あり、どの店も行列のできる店として賑わっています。テイクアウト用にいくつか買い求めたのが写真①です。向かって左側は他のブースからの西瓜ジュースと西瓜+マンゴジュースです。右側がマンゴプリン、その奥がゼリーと寒天で、中にゴマが入っていました。写真撮影後、すべていただいてしまいました。タンコートの広東料理は、素晴らしかったのですが、二人なのでいろいろとオーダーできず、二人用のセットメニューにしてしまいました。特別な料理は登場しませんでしたが、オードブルのスイーツのみ写真②でご覧ください。

写真①
写真②
写真③

 20日の朝は、港へ行き、香港島への連絡フェリーを見ながら、コンビニの菓子パンです。
と言うのは、ランチを予約できたのが11時だったからです。タンコートの飲茶が写真③です。定番の餃子・シュウマイ・春巻をオーダーしたのですが、青島ビールによく合っておいしかったです。少し外出して、汗びっしょりになってルームへ戻り、さっそくアイリッシュと青島ビールです。写真④でビールの前にあるのが、フードコートで買ってきた、紀文のさつま揚げなんです。ニンニク入りは、本当に丸ごとのニンニクが入っていました。

この夜は、新しくプロデュースされたナッツフォード・テラスに出かけました。キンバリーロードを歩いて、ミラマーショッピングセンターを曲がると、04年にオープンしたヨーロッパの町並みをイメージした空間が広がっていました。フレンチ、イタリアン、和食、トルコ、スペイン、アメリカなどインターナショナルなレストラン、喫茶店、ダイニングバーなど路地に展開されていました。日本で言えば、京都の河原町のようで、どこの国にいるのかわからなくなってしまう無国籍空間でした。

写真④
写真⑤
写真⑥

 さて、今夜はこのテラスでメコン川流域料理レストラン「La Cuisine de Mekong」(写真⑤)に入ってみました。日本語のメニューは無く、広東語と英語のみでした。何とか注文できたのが、タイのタイガービール(生)、写真⑥の奥から手長えびのトムヤンクンスープ、手前が棒に巻いたさつま揚げです。写真⑦が、豆腐の揚げ物、写真⑧が南瓜に入ったカレーライスです。ベトナムでは、パイナップルに入っているようですが、ここでは、南瓜でした。メニューには、蛙料理もありましたが今回は遠慮しました。どれも適度に香辛料と香草が効いていておいしかったです。写真を忘れましたが、ボーイさんから「ベジタブル?」と言われて、追加したのが豆苗(トウミャオ)炒めです。これは、えんどう豆の葉炒めでした。シンプルでおいしかったです。

写真⑦
写真⑧
写真⑨

 21日の朝は、ホテルランガムのビュッフェで、何でこんなにたくさん並べられているのか、びっくりする程の種類の和洋中でしたが、まんべんなくいただきました。お昼は、初日のフードコートで雲南料理にしました。写真⑨ですが、奥の丼が「過橋米線(グオチャオミーシェン)」、米でできた麺です。雲南料理の代表ですが、ここでは、酸辣湯味でした。手前は、雑穀チャーハンで、横のスープ込みで、三点で約600円でした。何しろ、クーラーのある場所と無い場所を行ったり来たりで、疲れてしまい、プランどおりには行動できませんでした。とにかく、夏の香港は、たいへんですわ。

2008.7.28


34年間、お付き合いしている長野市戸隠の森の喫茶店です。


Copyright © 2017 Salt.com All rights reserved.