「ちりとてちん」?
実は落語の演目です。三味線の音色から取られた“微妙な”食材(?)「ちりとてちん」。
噺家の目から見た“食”の話題を取り上げてもらいます。さて、どんな話が飛び出すのやら・・・

「海老麻婆豆腐から、バケツムール貝に続きました」

 清八でございます。ごぶさたしております。
2月に続いて東北に行ってきました。鶴岡市と酒田市と秋田市です。当初の予定は、岩手の三陸海岸ウォーキングを計画したのですが、今年は岩手国体のため、旅館もホテルも民宿も空いていなくて、計画変更したのです。移動時間を短縮するために、羽田空港から庄内空港へのフライトにしたので、都内に前泊することにしました。ただ、前泊するのは勿体無いので、二ツ目の芸人さんの勉強会、神田・連雀亭さんで、四席拝聴。立川笑二「初天神」、笑福亭羽光「私小説落語PartII」、古今亭ちよりん「新・浮世床」、喜太郎「たこ焼き屋けんちゃん」。観客18名、堪能して、近くの中華料理「海老専家」(画像1)へ、前回メニューを見て気になっていた「海老麻婆豆腐」(画像2)を頼みました。ありそうな、なさそうな逸品で、紹興酒によく合いました。このお店では、生ビール二杯、紹興酒1本、四川豆腐、トマトと玉子炒めも頼んで、二人で5100円でした。
フライト日10月7日は、銀座でリオの選手達のパレードなので、早めにホテルに戻り、7日も早めにチェックアウトして、羽田空港へ移動しました。羽田空港から庄内空港までのフライトは、初めてでしたが、約45分間で着陸しました。ちなみに、愛称は「おいしい庄内空港」です。
ランチは、予約しておいた観光タクシーの運転手さんのお薦めのお店に案内していただきました。ネットの情報で、鶴岡市で注目されている中華蕎麦屋さんと、告げたとたん、「いやぁ、鶴岡は、違いますよ」というリアクションでした。結局、運転手さんのお馴染みの蕎麦屋さんに連れて行ってくれました。「麺処鵬匠」(画像3)さんでした。メニューにあったので、蕎麦と麦きりの二色盛り(画像6)と醤油ラーメン(画像5)、穴子天麩羅をいただきました。コシのある蕎麦、蕎麦つゆもラーメンのつゆも最高レベルでした。知らないこととはいえ、すみませんでした。この、麦きりですが、小麦粉をこねて、うどんより細く切って、茹でて洗って、冷たいまま、つゆにつけて、いただく麺類のことで、この地でのうどんは、乾麺で、温かい食材だそうです。これから向かう藤沢周平記念館、お店に色紙(画像4)がありました。私は、池波正太郎作品の次に好きなのが、藤沢周平作品なのです。館内は撮影出来ませんでしたが、此れ迄知らなかった事実が解って、収穫大でした。近くの荘内神社、藩校致道館、致道博物館、大宝館、風間家旧住宅・別邸など、市内を巡り、出羽三山へ向かいました。羽黒山五重塔(画像7)、三神合祭殿、鐘楼と大鐘(画像8)、鏡池、パワースポットを堪能させていただきました。ありがとうございました。
夕景が迫ってきたので、市内に戻り、鶴岡駅近くの東京第一ホテル鶴岡にチェックインしました。ロビーからエレベーターに向かうと、馴染みの顔がありました。SBSテレビ「ひとり観光協会」で、静岡県内で有名人となっている、朝倉さやちゃんのディナーショーのポスター(画像9)だったのです。山形の歌姫なので、当然なのですが、改めてすごい歌手なんだと理解できました。隣接のショッピングセンター内のCDショップには、朝倉さやコーナーがあって、CD・DVDのすべて販売されておりました。
さて、今夜のお店です。もう一ヶ月も前から、ネットで探しておりました。ホテルから徒歩3分の処に、あったのです。「西洋カブレ」という居酒屋が。イタリアンベースなんだけど、ベルギービールもムール貝もありました。ワインは、ボトル売りはなくグラスでしたが、ワイングラスの倍はありました。ベルギービールも頼んで、「アスパラガスのタルタルソース」(画像10)「イカのアンチョビ炒め」(画像11)、「バケツムール貝」(画像12)、「野菜の盛り合わせ」(画像13)、チーズの盛り合わせ」(画像14)、「子羊の串焼き」(画像15)まで頼んでしまいました。チーズの盛り合わせには、但し書きがあって、「ヨーロッパの…」と、ありました。ムール貝には、「あさりも入ってる」と、ありました。そのとおりでした。「野菜の盛り合わせ」は、野菜アンチョパスト6種類でした。いかったあ。
全国で、こうしたバルが増えていますが、独特の感性を持ったお店でした。遠州地区のバル経営者の方は、行ってみて下さい。どうしたら、リピーターが増えて続いていくのか、肌で感じられると思います。おそらくは、東京帰りの、にぃにやねぇね達の集まる居酒屋なんだろうけど、常にメニューが進化していくようで又、機会があったら伺いたいです。
それでは、明日の酒田ば、続く。次号は、秋田の日本一の居酒屋さんです。

海老専科 http://www.ebisenka.jp
麺処鵬匠 http://www7b.biglobe.ne.jp/~hohsho/
西洋カブレ https://tabelog.com/yamagata/A0603/A060302/6007026/

画像① 画像② 画像③
画像④ 画像⑤ 画像⑥
     
画像⑦ 画像⑧ 画像⑨
     
画像⑩ 画像⑪ 画像⑫
     
画像⑬ 画像⑭ 画像⑮

2016.10.29 清八

 


34年間、お付き合いしている長野市戸隠の森の喫茶店です。


Copyright © 2017 Salt.com All rights reserved.