食に関する事なら何でもOK!気軽に書き込んでください。
またSalt.comに対する感想やご要望もお待ちしています。

書き込みに関してのお願い:
 ・他の方が不快になるような発言や画像のアップロードはご遠慮ください。
  なお、当サイトのスタッフが不適切だと判断した場合は記事を
  削除させて頂く事があります。
 ・メッセージにHTMLタグは使えません。
投稿者:
メール:
タイトル:
内 容:
リンク:
画 像:
 

※アップロードしたい画像を「参照」ボタンで選んでください。
※アップロードできる画像のファイルサイズは300KBまでです。

   
削除キー:  記事を削除する時に使用します。必ず設定してください。
   
キーワード:
*宣伝書き込み対策のため、書き込みの際に
 「塩胡椒」と入力してください。
 

<< 前のページ | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 | 次ページへ >>

“ちりとてちん”
 投稿日:2005年08月08日(月) 12時13分  投稿者:管理人2  この記事を削除する
今日UPした“ちりとてちん”、韓国・ソウル市の雰囲気や匂いまで伝わってきますね。
韓国に行ってみたくなりました。

韓国で一枚2円のポリエチレン袋、私がよく行く「生協」では10円で買わされ(?)ます。
廃棄物削減のためにも、この考え方はもっと広めるべきでしょうね。




「鱧」と「寿し半」さんについて
 投稿日:2005年08月05日(金) 09時19分  投稿者:清八  この記事を削除する
「ちりとてちん」の清八です。
遠州灘産の「鱧」についてですが、関西地区へ出荷した方が高く売れるし、ちゃんと食べて
くれるという理由があります。それから、誤解を招くかれしれませんが、この地区に骨切り
までできる調理人が非常に少ないため、中国又は国内のどこかで調理して店頭に並べられて
いるという理由があります。冬の「ふぐ」の時にも書かせていただいたのですが、お店側の
客単の設定が高すぎるか、あまりにも均一価格にした為、普及はしにくいと思うのです。
「寿し半」さんについてですが、投稿者の出身地・現在地・年齢・生活・好みなどまったく
わかりませんので、反論も同論も言えないのですが、浜松地区の生魚を調理して提供されて
いる、お鮨屋さん、小料理屋さん、割烹さん、居酒屋さん、すべてのお店に共通していると
感じられるのは、お店側もお客側も「魚」をわかっているのかな?という素朴な疑問です。
今度、大合併で大都市になられましたが、元々、マーケットや流通経路に疑問を持ってい
ました。魚にしても肉、野菜、米、調味料、水に至るまで、どこの産なのか、わかりにく
いからです。決して安価ではない鰹にしてもふぐ、はも、鰻、遠州灘が近くにあるという
地理的な事だけで海の幸に恵まれているというのは大きな誤解(消費者側の)ではなかっ
たのではありませんか。
 余計な発言でしたら、ごめんなさい。


中国産の「鱧(はも)」
 投稿日:2005年08月04日(木) 11時38分  投稿者:管理人2  この記事を削除する
なにかと話題になる“中国産・・”。
ジャスコの食品売場で中国産の「鱧(はも)」を見かけました。(もちろん調理済みのもの)
実は遠州灘で「鱧」が獲れることを、地元の人でも知る人は少ない。
店頭に「鱧」を並べるなら、地元のものも扱ってアピールして欲しい気がします。


こちらこそ。
 投稿日:2005年08月03日(水) 12時30分  投稿者:ja11  この記事を削除する
同級生だったころから10年も経って、ようやく知り合ったというわけですね。
ぜひ一度ご一緒しましょうっっ!


ミケーレのランチ
 投稿日:2005年08月02日(火) 18時05分  投稿者:yuya  この記事を削除する
今日は久々にミケーレさんでランチを頂きました。
メニューはちゃんと覚えていませんでしたが、やさしいお味でホッします。
おいしかったです。
シェフご夫妻と楽しくお話しさせてもらい、楽しい食事ができました。

ja11さん、お会いできて良かったですね。
今度機会があったら、一度旨いものでも食べに行きたいですね。


「寿し半」
 投稿日:2005年07月29日(金) 19時18分  投稿者:管理人2  この記事を削除する
伝統(?)色の強い食べ物の“握り寿し”。私も初めて「寿し半」で食べたときは、正直いって驚きました。(ランチでしたが)
でも、美味しかったですよ。
そもそも“握り寿し”は、日本のファーストフードのはしり。
昨今のバラエティに富んだファーストフードを考えたら、型にとらわれない「寿し半」の行き方は“握り寿し”を前向きに変化させていて、面白いと思いますよ。
多くの人に支持されていること自体、こういう“寿し”もアリだと思いますが。


がっかり・・・
 投稿日:2005年07月28日(木) 20時27分  投稿者:かん  この記事を削除する
先日、寿司を食べたいと思い「寿し半」へ。
久しぶりにいったせいか・・・絶句してしまいました。
とにかくまずい!まず過ぎる!
人生○○年生きていて、あんなにまずい寿司を食べたのは初めてでした。
ネタのまずさを初めとして、料理の提供の仕方、盛り付け・・・どうしちゃったのでしょうか?
美食会やら、和と洋のコラボレーションやら、違った方向に走りすぎて、本来の寿司というものを
忘れてしまったのでは。。。
しかも、コースのメイン料理には、なんだか訳の分からない洋風もどきの肉が出てきて。
あれじゃあ、素人料理ですよ。味も見た目も。
色々試みるのはいいと思いますが、あれでは客がみんな離れていきます。
楽しみにしていた分だけ、とっても残念でした。


土用丑の日
 投稿日:2005年07月28日(木) 15時31分  投稿者:管理人2  この記事を削除する
昔は新幹線で浜名湖近くを通ると、養鰻池がたくさん見えたものだが、最近はあまりというか、さっぱり見られない。
なのに浜名湖ブランドのウナギが氾濫しているのは何故だろう?…と、さるシェフがつぶやいていました。 

う〜んどこで生産しているんだろう?

土用丑の日についてはこちらを参考にしてください。↓
http://koyomi.vis.ne.jp/directjp.cgi?http://koyomi.vis.ne.jp/sub/doyou.htm


SRさんへ
 投稿日:2005年07月25日(月) 09時58分  投稿者:yuya  この記事を削除する
はじまして。
書き込みありがとうございます。
浜松市のカフェでは、この前にいくつか書き込みされていますが、「カフェ・オルガンサン」が良いようです。
あとちょっとお店は狭いですが、「ポーズカフェ」はシェフがちゃんとフランスで修行されていて、料理もケーキもしっかりとした味を楽しめます。
また好きな雰囲気とかのお店を見つけましたら、教えてくださいね。

http://www.wr-salt.com/pause/


カフェ
 投稿日:2005年07月23日(土) 17時46分  投稿者:SR  この記事を削除する
はじめまして、浜松市内でおすすめのカフェがあったら教えてください。ヨロシクお願いいたします。


「ピーマンの箱舟」?
 投稿日:2005年07月23日(土) 10時17分  投稿者:管理人2  この記事を削除する
TKさん、カキコありがとうございます。
カラーピーマンは確かにキレイですよね。
ご指摘の料理名、普通に「ピーマンの肉詰め」でいいのでは?
「ピーマンの箱舟」という名を付けた方もいるようです。(笑)

http://micro-maro.cool.ne.jp/ren-66-pimantume.htm


全然関係ないけど、
 投稿日:2005年07月22日(金) 08時09分  投稿者:TK  この記事を削除する
ピーマンにひき肉詰める料理、何ていいましたっけ?
あれ、すごく好きです。
緑、赤、黄、と並べるとすごくきれいですよね。
すいません、急に思い出して。
ではでは。


フラスカティさんより
 投稿日:2005年07月21日(木) 10時21分  投稿者:yuya  この記事を削除する
「みなさんのコメントは嬉しいのですが、なんか恐縮です。もっと気軽に来ていただければ嬉しく思います。」というコメントがありました。


そうですね
 投稿日:2005年07月12日(火) 10時19分  投稿者:yuya  この記事を削除する
清八師匠、さっそくの推薦文ありがとうございます。
「食べなれた人が来てくれれば、よく分かる」というシェフの自信の言葉通り、正直僕には、最初はこれが旨いのか、分かりませんでした。
僕が食べたものはとにかくシンプルなモノだったので、余計な味つけとかされていなかったからです。
でもそれが本来の食材の“味”なんでしょうね。
これから長いお付き合いをさせて頂き、フラスカティさんだけでなく、料理人の方皆様の熱いモノを吸収できたらいいと思っています。

写真は清八師匠の書き込みにもあった「野菜のバーニャカウダ」。
僕はバーニャカウダソースを初めてここで知りました。
旨かった・・・。

フラスカティの今が分かるページもありますよ。

http://www.wr-salt.com/frascati/index.html


「フラスカティ」
 投稿日:2005年07月12日(火) 10時13分  投稿者:管理人2  この記事を削除する
「アモンダン」に続いて「フラスカティ」と、豊橋のお店がソルトに登場です。
野菜のバーニャカウダ、食べてみました。とにかく、ガツン!とインパクトのある料理です。

「フラスカティ」のシェフは、浜松のシェフたちともカテゴリーを越えた交流があるようです。
浜松〜豊橋と場所は異なりますが、車で1時間の距離。お互いよい意味で刺激になりますね。

<< 前のページ | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 | 次ページへ >>

Copyright © Salt.com All rights reserved.