食に関する事なら何でもOK!気軽に書き込んでください。
またSalt.comに対する感想やご要望もお待ちしています。

書き込みに関してのお願い:
 ・他の方が不快になるような発言や画像のアップロードはご遠慮ください。
  なお、当サイトのスタッフが不適切だと判断した場合は記事を
  削除させて頂く事があります。
 ・メッセージにHTMLタグは使えません。
投稿者:
メール:
タイトル:
内 容:
リンク:
画 像:
 

※アップロードしたい画像を「参照」ボタンで選んでください。
※アップロードできる画像のファイルサイズは300KBまでです。

   
削除キー:  記事を削除する時に使用します。必ず設定してください。
   
キーワード:
*宣伝書き込み対策のため、書き込みの際に
 「塩胡椒」と入力してください。
 

<< 前のページ | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 | 次ページへ >>

ロシア料理
 投稿日:2009年08月13日(木) 18時46分  投稿者:管理人2  この記事を削除する
ロシア料理といえば「ボルシチ」が有名。
ビーツが入った暖かで赤いシチューをイメージしますが、
夏向きの冷製ボルシチもあるとか。
以前サモワァールで食べたことがあります。

ロシア料理は基本的に田舎料理らしいのですが、
サモワァールでは上品にいただくことができます。
希少価値のあるいいお店だと私も思います。



サモワァール
 投稿日:2009年08月12日(水) 16時20分  投稿者:TK  この記事を削除する
本日、サモワァールにランチを食べに行ってきました。

おいしかった。

サモワァールに行くのが初めてというより、
ロシア料理を食べるの自体が初めてでした。
まだいろいろ食べてみていないので一概には言えませんが、
ロシア料理は基本的にシチューがベースなのですね。
なるほど、寒い国の料理だなと思いました。
あと、外から見た感じより、中が意外と広かった。
内装もおしゃれでいいですね。
また行ってみたいと思います。


最近のデザインは・・・
 投稿日:2009年07月08日(水) 00時53分  投稿者:管理人2  この記事を削除する
最近、目にするデザインがつまらなく感じる。
デザインが一人歩きしているようなデザインは特にそうだ。
ちょうど昔、ル・コルビュジェがブラジリアで失敗(私感)したように・・・
デザイナーは表面的で独りよがりのデザインになってしまっていることに気が付かない。
何のため(誰のため)のデザインなのかもっと考えて欲しい。

そんなときは歴史を紐解こう。
その中に答えは必ずあるものだ。



管理人2さんへ
 投稿日:2009年07月07日(火) 22時01分  投稿者:TK  この記事を削除する
こんばんは。こちらこそ、ご返事が遅くなりました。

確かに、カテゴライズは難しいですね。
どれくらいの大きさの枠でくくるかにもよりますし、
切り口によっても変わりますよね。

せっかく音楽の話題を振っていただいたので、ちょっと語らせてください。(笑)

“クラシック”という表現は、訳せば“古典”であって、
あくまでも、“今”を基準にものを言っているんですよね。
今で言う“クラシック”音楽がリアルタイムで作られ、
“新曲”として演奏されていた時代もあったわけですから。
でも実際に指しているのは、“昔の音楽”というわけではなくて、
音楽というものが生まれ、楽典が今の形にまとまった頃から数百年の間に作られた音楽、
ということになると思います。
同じ感じで、例えば、「古典文学」とか、「古典落語」とか、言ったりしますよね?
だから、今もてはやされている音楽が、ずっと将来になってクラシックと呼ばれるかというと、
そんなことはないわけです。

細かいことを言うと、クラシックの中にもまたジャンルがありますよね。
例えば、スタイルでいうと、交響曲、協奏曲、弦楽〇重奏、〇〇ソロ、オペラ、声楽曲等です。
それから、リズムでいうと、マーチ、ワルツ、ボレロ、ポロネーズ等です。
私的には、こちらの分け方の方が、作られた時代に関係なく表現できるので、好きです。
例えば、映画のサウンドトラックがオーケストラによる演奏だったら、交響曲なわけだし、
それにピアノが加われば、ピアノ協奏曲という感じです。
あと、オペラとミュージカルは一緒でいいのかも。
でも、そんな風にカテゴライズされてCDショップに並べられていたら、
分からなくなってしまうから、商業的には難しいでしょうね。(笑)

何だか取り留めのない話になってしまいましたが、何にしても、
カテゴライズの基準になるのは、何がベースになってるかだと思います。
例えば、ロックバンドのバックにアレンジでフルオーケストラが付いていようと、
ロックはロックだし、ロックバンドがジャズ風なアレンジで歌ったとしても、
それはあくまでも“ジャズ風”なわけで。
そして、どうしようもない時、人は新しいカテゴリーを作る・・・ジャズロック!

それはさておき、料理でも同じことが言えるんじゃないでしょうか。
例えば、ハンバーグは洋食ですけど、デミグラスソースの代わりにおろし醤油をかければ、
たちまち和風ハンバーグだし、逆に、(邪道かもしれませんが、)
餅をコンソメスープで煮て具をちょっと変えて、洋風お雑煮なんて言ったりもしますね。

自分で何を言っているのかよく分からなくなってきたので、そろそろ終わります。
私が本当に言いたかったのは、折衷(せっちゅう)というほどではないですけど、
カテゴリーにこだわらずに、その狭間にあるものも結構楽しいんじゃないかな、ということです。
どんな形だろうと、いいものはいいんです。
そうやって、人類は、新たな発見をしてはまたさらに新しいものを求め、
それらを組み合わせてはまた新たな発見をし、楽しんで来たのですね。
ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。


食文化のズレ
 投稿日:2009年06月11日(木) 03時25分  投稿者:管理人2  この記事を削除する
確かにイタリア料理は誤解されている部分がありますね。
自分も昔はスパゲッティといえば、ナポリタン(日本だけのものらしい)
しか知りませんでした。
同様に、フランスでは日本の寿司がとんでもないかたちで提供されているようですが、
食文化のズレは思っている以上に大きいですね。


バーニャカウダ
 投稿日:2009年06月08日(月) 02時27分  投稿者:トマトカンパニー  この記事を削除する
以前僕の店で出していたのですが、材料をいつも用意しておく大変さにめげ、
メニューから外してしまいました、でも大好きなメニューなので本物を知って頂きたい料理です
この料理で必要な材料は、第一にクルミオイル・バター・ニンニク、そして一番大切なアンチョビです、
これだけは手間を惜しまず是非自作して頂きたい、
もし必要なら作り方を伝授いたしますので一度来店してください、
瞬く間に日本的な洋食に成り下がってしまった現在のイタリア料理
(これは高級と言われる店も大衆的な店も全てに当てはまります)に
僕はとても危機感を抱いております。


バーニャカウダ
 投稿日:2009年06月06日(土) 21時47分  投稿者:らくだ  この記事を削除する
こんばんは。
「バーニャカウダ」で検索していたら4年前のこちらの記事?コメント?に辿り着きました。
今の流行りが4年前に盛り上がっていたなんてさすがですね!


再びTKさんへ
 投稿日:2009年05月27日(水) 18時58分  投稿者:管理人2  この記事を削除する
返信かなり遅くなり、スミマセン。
確かにソルトには“うどん”のカテゴリーはありませんでしたね。
片手落ちでした。今は変更してあります。

それにしてもカテゴリー分けというのは難しいです。
「和」の食材・手法を使うフレンチレストランもあれば、
「フレンチ」の手法を取り入れる和食の店etc…など、
カテゴリー分けすること自体に無理がありますよね。
「洋食」というのも、何が「洋食」なのか微妙です。

音楽もそうですよね?
「JAZZ」のカテゴリーなのか「ROCK」なのか分からない曲がたくさんあります。
「クラシック音楽」も「洋食」のように何が「クラシック」なのか分かりません。
それなのに、私も他人には「自分はクラシック音楽が好き」などと言っています(笑)

TKさんはどうお考えですか?



ソルトさんにないカテゴリー(笑)
 投稿日:2009年05月09日(土) 20時19分  投稿者:TK  この記事を削除する
今日、浜松市西区大平台にある、
「いりこ家」といううどん屋さんに行ってきました。
比較的太くてコシがある麺で食べ応えがあり、
こういうのも好きだな、と思いました。
天ぷらとまぜご飯のセットで、いずれもうまかった。
機会があったら、皆さんもぜひ。

で、さきほど貴サイトのトップページを見ていて、
カテゴリーに「そば」はあるのに、
「うどん」がないことに気が付きました。
「日本料理」の中にも「うどん」はないですよね?
たまたま?それとも、意図的ですか?


TKさんへ
 投稿日:2009年05月08日(金) 11時22分  投稿者:管理人2  この記事を削除する
私の知っている陶芸作家は動力を使わず、円盤を手で回すだけで作っているようです。
その作品は陶芸とはいえ、完全にARTの世界です。
学生の頃からずっと同じスタイル・手法で制作され、一貫した姿勢には頭が下がります。
「趣味と実益を兼ねて…」という言葉はこうしたプロの場合、ちょっと当てはまらないですよね。

料理人の世界も同じで、私もソルトの仕事を通じて多くのプロの方と接し、本当に勉強になりました。
TKさんも音楽が「生きがい」ですから、これからもずっと続けて充実した人生を送って下さい。




陶芸で思い出しました。
 投稿日:2009年05月07日(木) 02時22分  投稿者:TK  この記事を削除する
最近知ったのですが、轆轤(ろくろ)にはすごい歴史があって、
定かではありませんが、紀元前何千年から存在していたそうです。
ご存知でしたか。最初は円盤を手で回すだけのものでしたが、
その後、はずみ車がついて回転を保ちやすくなり、
足で蹴って回すため両手が使える形のものが発明され、
風力や水力を利用するようになり、産業革命の時代には、
蒸気、エンジン、そして電気で動くようになったそうです。
今のろくろは、電気で動いているのでしょうか。
動力源は変わっても、基本原理は変わっていませんね。
とても興味深いです。(“食”と関係ない話題ですみません。)


GW終了
 投稿日:2009年05月07日(木) 02時08分  投稿者:TK  この記事を削除する
管理人2様

今日で連休が終わり、明日から仕事が始まります。
連休中は、いろんな場面で好きな音楽が思う存分にできて、
時間のゆとりがあるって何て良いことだろう、
と思うと同時に、自分は本当に音楽が好きなんだな、
と改めて思いました。やはり音楽は私の生きがいです。

趣味と実益を兼ねてらっしゃる方々にとっては、
仕事そのものが生きがいになるのかもしれません。

“生きがい”とまではいかないにしても、
自分の好きなこと、やりたいことがちゃんとあって、
それができるというのは、本当に幸せなことですね。


TKさんお久しぶりです
 投稿日:2009年04月24日(金) 09時36分  投稿者:管理人2  この記事を削除する
遅いレスでスミマセン。
趣味と実益を兼ねた仕事ができればホントいいですよね。

知り合いに陶芸を40年も続けている方がいますが、実に羨ましいです。
でも、それなりの苦労をされているようです。(本人だけでなく家族も)
好きな道だからこそ耐えられるのでしょう。

いずれにしても楽をして通る道はありませんよね。




お久しぶりです。
 投稿日:2009年04月16日(木) 02時15分  投稿者:TK  この記事を削除する
料理人にしても、芸術家にしても、自分の感性を信じ作っているわけで、
そもそも、何かを生み出すこと自体が、喜びや感動なのだと思います。
それを自分と同じように良いと思ってくれる(共感してくれる)人、
つまりその喜びや感動を共有できる人に出会えたら最高です。
しかし、ビジネスとなると、そういう人がたくさんいてくれないと成り立たないわけで。
そう思うと、自分の好きなことを実益を兼ねてやっておられる方々のことを、
とても羨ましく思います。(もちろん、いろいろご苦労もあるとは思いますが。)


批評家の意味は
 投稿日:2009年03月23日(月) 12時50分  投稿者:不撓不屈  この記事を削除する
あまりないと考えます。
おいしいものは自分の嗜好、雰囲気、それに値段で
決まるとおもいます。
他人の意見は参考程度で留めておくのがいいですね


<< 前のページ | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 | 次ページへ >>

Copyright © Salt.com All rights reserved.