食に関する事なら何でもOK!気軽に書き込んでください。
またSalt.comに対する感想やご要望もお待ちしています。

書き込みに関してのお願い:
 ・他の方が不快になるような発言や画像のアップロードはご遠慮ください。
  なお、当サイトのスタッフが不適切だと判断した場合は記事を
  削除させて頂く事があります。
 ・メッセージにHTMLタグは使えません。
投稿者:
メール:
タイトル:
内 容:
リンク:
画 像:
 

※アップロードしたい画像を「参照」ボタンで選んでください。
※アップロードできる画像のファイルサイズは300KBまでです。

   
削除キー:  記事を削除する時に使用します。必ず設定してください。
   
キーワード:
*宣伝書き込み対策のため、書き込みの際に
 「塩胡椒」と入力してください。
 

<< 前のページ | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 | 次ページへ >>

バーニャカウダ
 投稿日:2009年06月08日(月) 02時27分  投稿者:トマトカンパニー  この記事を削除する
以前僕の店で出していたのですが、材料をいつも用意しておく大変さにめげ、
メニューから外してしまいました、でも大好きなメニューなので本物を知って頂きたい料理です
この料理で必要な材料は、第一にクルミオイル・バター・ニンニク、そして一番大切なアンチョビです、
これだけは手間を惜しまず是非自作して頂きたい、
もし必要なら作り方を伝授いたしますので一度来店してください、
瞬く間に日本的な洋食に成り下がってしまった現在のイタリア料理
(これは高級と言われる店も大衆的な店も全てに当てはまります)に
僕はとても危機感を抱いております。


バーニャカウダ
 投稿日:2009年06月06日(土) 21時47分  投稿者:らくだ  この記事を削除する
こんばんは。
「バーニャカウダ」で検索していたら4年前のこちらの記事?コメント?に辿り着きました。
今の流行りが4年前に盛り上がっていたなんてさすがですね!


再びTKさんへ
 投稿日:2009年05月27日(水) 18時58分  投稿者:管理人2  この記事を削除する
返信かなり遅くなり、スミマセン。
確かにソルトには“うどん”のカテゴリーはありませんでしたね。
片手落ちでした。今は変更してあります。

それにしてもカテゴリー分けというのは難しいです。
「和」の食材・手法を使うフレンチレストランもあれば、
「フレンチ」の手法を取り入れる和食の店etc…など、
カテゴリー分けすること自体に無理がありますよね。
「洋食」というのも、何が「洋食」なのか微妙です。

音楽もそうですよね?
「JAZZ」のカテゴリーなのか「ROCK」なのか分からない曲がたくさんあります。
「クラシック音楽」も「洋食」のように何が「クラシック」なのか分かりません。
それなのに、私も他人には「自分はクラシック音楽が好き」などと言っています(笑)

TKさんはどうお考えですか?



ソルトさんにないカテゴリー(笑)
 投稿日:2009年05月09日(土) 20時19分  投稿者:TK  この記事を削除する
今日、浜松市西区大平台にある、
「いりこ家」といううどん屋さんに行ってきました。
比較的太くてコシがある麺で食べ応えがあり、
こういうのも好きだな、と思いました。
天ぷらとまぜご飯のセットで、いずれもうまかった。
機会があったら、皆さんもぜひ。

で、さきほど貴サイトのトップページを見ていて、
カテゴリーに「そば」はあるのに、
「うどん」がないことに気が付きました。
「日本料理」の中にも「うどん」はないですよね?
たまたま?それとも、意図的ですか?


TKさんへ
 投稿日:2009年05月08日(金) 11時22分  投稿者:管理人2  この記事を削除する
私の知っている陶芸作家は動力を使わず、円盤を手で回すだけで作っているようです。
その作品は陶芸とはいえ、完全にARTの世界です。
学生の頃からずっと同じスタイル・手法で制作され、一貫した姿勢には頭が下がります。
「趣味と実益を兼ねて…」という言葉はこうしたプロの場合、ちょっと当てはまらないですよね。

料理人の世界も同じで、私もソルトの仕事を通じて多くのプロの方と接し、本当に勉強になりました。
TKさんも音楽が「生きがい」ですから、これからもずっと続けて充実した人生を送って下さい。




陶芸で思い出しました。
 投稿日:2009年05月07日(木) 02時22分  投稿者:TK  この記事を削除する
最近知ったのですが、轆轤(ろくろ)にはすごい歴史があって、
定かではありませんが、紀元前何千年から存在していたそうです。
ご存知でしたか。最初は円盤を手で回すだけのものでしたが、
その後、はずみ車がついて回転を保ちやすくなり、
足で蹴って回すため両手が使える形のものが発明され、
風力や水力を利用するようになり、産業革命の時代には、
蒸気、エンジン、そして電気で動くようになったそうです。
今のろくろは、電気で動いているのでしょうか。
動力源は変わっても、基本原理は変わっていませんね。
とても興味深いです。(“食”と関係ない話題ですみません。)


GW終了
 投稿日:2009年05月07日(木) 02時08分  投稿者:TK  この記事を削除する
管理人2様

今日で連休が終わり、明日から仕事が始まります。
連休中は、いろんな場面で好きな音楽が思う存分にできて、
時間のゆとりがあるって何て良いことだろう、
と思うと同時に、自分は本当に音楽が好きなんだな、
と改めて思いました。やはり音楽は私の生きがいです。

趣味と実益を兼ねてらっしゃる方々にとっては、
仕事そのものが生きがいになるのかもしれません。

“生きがい”とまではいかないにしても、
自分の好きなこと、やりたいことがちゃんとあって、
それができるというのは、本当に幸せなことですね。


TKさんお久しぶりです
 投稿日:2009年04月24日(金) 09時36分  投稿者:管理人2  この記事を削除する
遅いレスでスミマセン。
趣味と実益を兼ねた仕事ができればホントいいですよね。

知り合いに陶芸を40年も続けている方がいますが、実に羨ましいです。
でも、それなりの苦労をされているようです。(本人だけでなく家族も)
好きな道だからこそ耐えられるのでしょう。

いずれにしても楽をして通る道はありませんよね。




お久しぶりです。
 投稿日:2009年04月16日(木) 02時15分  投稿者:TK  この記事を削除する
料理人にしても、芸術家にしても、自分の感性を信じ作っているわけで、
そもそも、何かを生み出すこと自体が、喜びや感動なのだと思います。
それを自分と同じように良いと思ってくれる(共感してくれる)人、
つまりその喜びや感動を共有できる人に出会えたら最高です。
しかし、ビジネスとなると、そういう人がたくさんいてくれないと成り立たないわけで。
そう思うと、自分の好きなことを実益を兼ねてやっておられる方々のことを、
とても羨ましく思います。(もちろん、いろいろご苦労もあるとは思いますが。)


批評家の意味は
 投稿日:2009年03月23日(月) 12時50分  投稿者:不撓不屈  この記事を削除する
あまりないと考えます。
おいしいものは自分の嗜好、雰囲気、それに値段で
決まるとおもいます。
他人の意見は参考程度で留めておくのがいいですね



Re:料理人と料理批評家
 投稿日:2009年03月22日(日) 22時51分  投稿者:管理人2  この記事を削除する
不撓不屈さん、お久しぶりです。
絵描きと美術評論家の関係と同じですね。
美術評論家の描いた絵を見たくないのと同じように
料理批評家のつくった料理も食べたいとは思いません。


料理人と料理批評家
 投稿日:2009年03月19日(木) 13時19分  投稿者:不撓不屈  この記事を削除する
この関係についてどう考えますか?


「新駒鮨」さん
 投稿日:2009年02月13日(金) 15時56分  投稿者:管理人2  この記事を削除する
清八師匠、書き込みありがとうございます。
そういえば師匠宅での超豪華「わいわいワイン会」に自分も参加していました。
最後の〆に「新駒鮨」さんの寿司が振る舞われていましたね。

「新駒鮨」さんの息子さんは「ラ・フラーゼ」のシェフですし、
なにかとご縁がありますね。



「新駒鮨」さんのホームページが加わりましたね
 投稿日:2009年02月11日(水) 16時01分  投稿者:清八  この記事を削除する
「ちりとてちん」の清八です。
「新駒鮨」さんは、家から近いので、公用(会社関係)でも私用でも利用させて
いただいております。拙宅での「わいわいワイン会」でも出前を頼んだこともあ
りました。
 肴と日本酒は、とてもリーズナブルです。
 機会がありましたら、食してみて下さい。
 清八からのお薦めです。


ブーランジェリーカセルさんへ行ってきました
 投稿日:2008年11月14日(金) 13時06分  投稿者:清八  この記事を削除する
「ちりとてちん」の清八です。
高山のトランブルーさんのお弟子さんが浜松市内で10月にお店を出されたという情報により
遅くなりましたが、昨日、行ってみました。
購入したパンは、クロワッサン、アンチョビトマト、パンシュー、そして大納言です。
10月25日に予約しておいて、高山まで走ったのですが、こんなに近くで入手できるとは、
ありがたいです。残念ながら、高山とは水と焼いている時間帯の外気温度が異なるので、
まったく同じとはいえませんが、かなり高レベルだと思います。
これから、浜松の方(業界にも個人客にも)にカルチャーショックとなればよいのですが。

<< 前のページ | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 | 次ページへ >>

Copyright © Salt.com All rights reserved.