食に関する事なら何でもOK!気軽に書き込んでください。
またSalt.comに対する感想やご要望もお待ちしています。

書き込みに関してのお願い:
 ・他の方が不快になるような発言や画像のアップロードはご遠慮ください。
  なお、当サイトのスタッフが不適切だと判断した場合は記事を
  削除させて頂く事があります。
 ・メッセージにHTMLタグは使えません。
投稿者:
メール:
タイトル:
内 容:
リンク:
画 像:
 

※アップロードしたい画像を「参照」ボタンで選んでください。
※アップロードできる画像のファイルサイズは300KBまでです。

   
削除キー:  記事を削除する時に使用します。必ず設定してください。
   
キーワード:
*宣伝書き込み対策のため、書き込みの際に
 「塩胡椒」と入力してください。
 

<< 前のページ | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 | 次ページへ >>

華琳のランチ
 投稿日:2006年11月14日(火) 17時54分  投稿者:ソルトスタッフ2  この記事を削除する
ホワイトストリート沿いの中国料理・華琳で丼ランチ。。。
今日は五目あんかけ丼にしました980円。
サラダと水餃子、スープとザーサイがつきます。
いよいよ寒さ増す今日この頃、とろみのあるものが嬉しいですね!
あったまります。
食後にすっと出される、熱〜いお茶。ナイスサービス☆
昼下がりのランチを楽しむ奥さまが大勢みえました。
おいしかったです。ごちそうさまでした!!

http://www.wr-salt.com/karin/index.html


「旬香坊のなか」で神無月の昼膳
 投稿日:2006年10月30日(月) 17時01分  投稿者:kotaro  この記事を削除する
料理にも客にも、誠実な姿勢で真ッ正面から向き合う店主。。。
その静かな目の中には 自信と力強さがみなぎっています。

お昼のお料理は1,575円から。
小鍋、お造り、小鉢三種、じゃこ飯に汁椀、香の物に水物。
薄味に抑えた料理からは、出汁の旨みと素材の味がしっかりと味わってとれる。
湯葉の味・舌触りが素晴らしい。真っ白なシメジから旨みのジュースがほとばしる。
ぴりぴりと酸味が走る、さわやかな自家製ヨーグルト。
夜への期待を高めさせる昼膳です。

清潔な店内、粋な客あしらい、店主のきびきびとした一挙手一投足。
たいへん気持ちのよい時間を過ごさせていただきました。
また伺います。
ごちそうさまでした!!!


http://www.at-s.com/bin/yell/yell0020.asp?id=B239317308


バークレイは
 投稿日:2006年10月28日(土) 23時58分  投稿者:みけーれ。  この記事を削除する
元のお店のザザシティーよりの2階に移転しました。

来週より再開します。ひよっこの頃からお世話になってるやさしい(?)先輩のお店、今度も楽しそうですよ!!


“ミケーレ”のワンプレートランチ
 投稿日:2006年10月28日(土) 08時47分  投稿者:管理人2  この記事を削除する
知人と肴町の“ミケーレ”で1,200円のワンプレートランチをいただきました。
料理の名前は忘れましたが、写真にあるように、サラダと大きめで柔らかいポーク。
その上にトマトソースをからめた、かなり歯ごたえのあるアルデンテなペンネ。
なかなか美味しそうでしょ?
食後のドリンクはお決まりのエスプレッソ・コーヒーでした。
街中のこぢんまりしたイタリアンレストランで、こういうランチもいいもんです。

ところで、道路の反対側にあった“バークレー”はどこへ行ったんだろ?


海老芋
 投稿日:2006年10月23日(月) 15時05分  投稿者:ソルトスタッフ  この記事を削除する
これから旬を迎えるという「海老芋」を懐石・八方にて食させていただきました。
(…もちろん取材です)
ここ静岡県は海老芋の日本一の産地で知られているようですが、
ほとんどが京都の料亭に行ってしまうため、地元の人はあまり出会う機会が無いとか…
静岡県の最盛期はもう少し後ということで、今回いただいたのは京都の亀岡産のもの。
一口食べて、その食感にびっくり!でした。
じっくりと、丹念に、時間をかけて練り上げられたような、独特のねっとりとした口当たり。
美味しすぎます。(もちろん実際には練ってはいません。そのままです)
「一流の料理人にかかれば、最高の食材がさらに美味しくなる」
まさにそんな感じでした。

海老芋…恐るべし!

http://www.wr-salt.com/happo


静華のディナーに行ってきました
 投稿日:2006年10月22日(日) 16時54分  投稿者:kanazo  この記事を削除する
こんにちは。ご無沙汰しております。
先日田町の静華さんに行ってきました。
相変わらずとってもおいしかったです。
シェフも気さくで写真も快く撮らせてくださいました。
私たちが食べたのは5500円のコースでしたので
上海蟹はスープの中・・・でしたが、それ以上のコースの方たちは
机の上でトンカチ?でばんばんやっててうらやましかった(^_^;)
来年3月いっぱいでお店を閉めて北京に修行に行かれるそうです。
残念ですがまた一層おいしくなって浜松に戻ってきて欲しいなーって思いました。

写真は一番初めに出てきた揚げ餃子。このルックスからしてやられました!
こんなの出されたらこれから始まるコースに期待感が募りますよね〜。


松茸を頬張る
 投稿日:2006年10月19日(木) 21時28分  投稿者:ソルトスタッフ2  この記事を削除する
役得ですね。イイ仕事してるなぁ・・・。
ちなみに私も、いっ木さんの取材で“松茸のフライ”を試食してきました。
一本まるごと揚げた豪快な一品。箸で持ち上げると持て余すほど。
頭から丸かじりすればジュースがほとばしり、香りと旨みがあふれ出します。
海老芋も地味ながらイイ味だしてます。
出汁の味をよく含んでるのに、しゃっきりした歯ざわり。だらしなく煮崩れていない。
懐石の技ですね。

皆さん、松茸丸かじりの経験はおありですか?



http://www.wr-salt.com/ikki/index.html


カエルを食べる
 投稿日:2006年10月19日(木) 17時00分  投稿者:ソルトスタッフ  この記事を削除する
本日エピファニーの取材で、試食させていただいたのが
なんと「カエル」(フランス語ではグルヌイユといわれるみたいですが…)
ついにデビューをしてしまいました。
おそるおそる口の中に入れてみると、鶏肉と白身魚の間ぐらいの上品な食感。
とても美味しかったです。高級フランス料理店のメニューなんで当たり前ですが…
ガーリックを利かせたバターベースのソースとレモンの酸味がカエルとの相性バッチリで
すばらしいお料理でした。「食欲の秋」とてもいいスタートが切れました。

皆さんカエルを食された経験はおありですか?


ありがとうございます。
 投稿日:2006年10月13日(金) 12時45分  投稿者:りょう  この記事を削除する
 素敵なお店を教えてくださりありがとうございました。ただ
今回の歓迎会は居酒屋でやるので、イタリアンとかではなく、一般的な飲み屋さんを
教えていただけたらと思います。教えていただいたイタリアンのお店はとても興味があるので、個人的に行かせて
もらいますね☆☆ちなみに住吉の凛はとてもすきなんですが、上司が何故か?あそこ以外で、という
ことなので、凛以外でありましたら、教えてください。たびたびわがままなお願いで申し訳ありません。


ご質問の件
 投稿日:2006年10月13日(金) 11時02分  投稿者:kotaro  この記事を削除する
イタリアンがふたつ上がったので、もうひとつ。
住吉付近でしたら、四ツ池のイタリアン「La OGGI」もいいかも。
気取らない雰囲気でリラックスできますよ。
シャイなシェフも素敵です。

http://megane.hamazo.tv/e174118.html


住吉から葵町あたり
 投稿日:2006年10月13日(金) 10時25分  投稿者:管理人2  この記事を削除する
りょうさん書き込みありがとうございます。
職場は、住吉から葵町あたりなんでしょうか?
葵町にある南欧料理「アルタポンテ」がオススメです。
10名位ですと貸切は無理ですが、美味しい料理・家庭的な雰囲気で、盛り上がること間違いなしです。
雰囲気は異なりますが、本格的イタリア料理が楽しめる「トマトカンパニー」もオススメ。
どちらもこぢんまりとしたいいお店ですよ。メニュー等、詳細はHPで確認してください。

http://www.wr-salt.com/altaponte
http://www.wr-salt.com/tomakan


おしえてください。
 投稿日:2006年10月13日(金) 08時03分  投稿者:りょう  この記事を削除する
 みなさまこんにちは。来週職場の歓迎会を行うのですが、なかなか場所がきまりません。住吉から葵町あたりまでで、よいお店は
ないでしょうか?人数は10人で、女性のほうが多いです。和洋中ジャンルはといません。よろしくお願いいたします。


昔、京都で暮らした経験があります
 投稿日:2006年10月11日(水) 17時18分  投稿者:管理人2  この記事を削除する
薄味・濃い味など人によって好みがあり、また地域によってそれが変わるようですね。
カップ麺など、一部の食品はその土地に合わせて味を変えていると聞きます。
浜松人の自分も、関西に初めて行ったとき、そのカツ丼の味の薄さはカルチャーショックでした。
その後、東京に移ったのですが、関西の薄味に慣れた自分には、東京のそばのつゆの濃さは耐えられませんでした。
浜松に戻ってからも、関西風の薄味が忘れられず、自分でつくるときはどうしても薄味指向になります。

「いっ木」さんにはまだ行っていませんが、きっと自分好みの味付けなんでしょうね。


「いっ木」に行ってきました
 投稿日:2006年10月09日(月) 10時39分  投稿者:清八  この記事を削除する
「ちりとてちん」の清八です。
昨夜、田町に一ヶ月ほど前にオープンされた割烹「いっ木」に行ってきました。
もともと森町のご出身で、辻調理師学校から京都の「菊乃井」で修行され、浜松で独立された
との事でした。まだ、お年が若いだけに、師匠に教えられたとおり仕事をしている事が逆に
緊張感があって心地よかったです。
オープン当初は、浜松・遠州人に合わせて、醤油や味噌・出汁を濃くしてみたところ、逆に
評判が悪く、菊乃井の味に戻されたとの事で、昨夜はタイミングが良かったです。今のところ
浜松生まれ・浜松育ちの方よりは、関西からの転入者、仕事・学校の関係で京都で暮らした
経験のある方が顧客として多いようです。
昨夜は、6300円のコースと利き酒セットをいただきました。鱧と松茸・水菜の土瓶蒸しに
は松茸が一人1本というサービスでした。ご飯の時の香の物として、胡瓜と塩昆布もおいしか
ったです。これから寒くなると、牡蠣鍋や鴨鍋も出されるようなので、日本酒の組み合わせと
共に、とっても楽しみです。
以前にも、「ちりとてちん」で取り上げさせていただきましたが、好き嫌いの前に簡単に醤油
をかけたり、味が薄いとつぶやくのは、本当に失礼な事だと思います。


“ざくろ協会”HP見ました
 投稿日:2006年10月07日(土) 01時03分  投稿者:管理人2  この記事を削除する
清八師匠、書き込みありがとうございます。
「カリフォルニアざくろ協会」のHP見ました。結構詳しくてためになりますね。
さすがに「前立腺ガン」のニュースはまだ載っていませんでした。
“ざくろジュース”には“赤ワイン”よりもポリフェノールが多く含まれているんですね。これはスゴイ!
何だかいいことずくめの“ざくろ”。これからもっと注目される食材だと思います。

<< 前のページ | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 | 次ページへ >>

Copyright © Salt.com All rights reserved.