はじめにオリーブ油でにんにくを炒めますが、にんにくがうっすら色づくのを待ってから野菜を入れるようにしてください。そうしないと全体がにんにくの味になってしまいます。


ラ・セゾン・デ・プリムール
山田シェフ
 
     
 

(約5人分) ・玉ねぎ 中1/2個
・にんじん 中1/2本 ・ポロねぎ 1/3本
・キャベツ 大2枚 ・じゃがいも 大1個
・にんにく(みじん切り) 少々 ・ベーコンスライス 1枚
・鶏スープ
(インスタント等でも可)
ひたひた強 ・コンソメキューブ 1個
・塩 適量 ・バジルペースト 1人前小さじ山盛1杯
・オリープ油 適量      
     
     
❶野菜とベーコンはあらかじめ爪ぐらいの大きさに刻んでおく。じゃがいもや冬瓜など、季節の野菜を使ってください。
  ❷小鍋にオリーブ油を敷き、みじん切りのにんにくがうっすら色づく程度まで炒める。
     
❸玉ねぎ・にんじん・ポロねぎ・キャベツ・じゃがいも・ベーコンの順に小鍋に投入し、炒める。ここではまだ完全に火が通らなくてよい。
  ❹じゃがいもが汗をかく程度まで炒めたら、鶏スープを投入。分量は"ひたひた強"。沸いたらアクをとり、5分間煮込む。
     
❺塩のみで味を決め、バジルペーストを溶かせば"スープ・ピストゥ"の完成。
  ❻お皿に盛って出来上がり!
     
     

ピストゥとは南フランス地方の方言でバジルのこと。
スープ・ピストゥは新鮮バジルの出回る夏季限定の家庭料理です。たっぷりのバジルとにんにくは食欲をそそるだけでなく身体の熱を取ってくれる働きもあるそうです。

お店では5時間煮込んだ鶏スープ(フォン・ド・ボライユ)を使いますが、ご家庭ではインスタントのスープやコンソメなどで代用してもOKですよ!

 

バックナンバーへ | ラ・セゾン・デ・プリムールのHPへ | Saltトップ


Copyright © 2022 Salt.com All rights reserved.