遠州森町のオーベルジュ「三鞍の山荘」泊まって楽しむフランス料理

遠州森町のオーベルジュ「三鞍の山荘」泊まって楽しむフランス料理

 

 

ウ――ノ   おいしい演奏会 vol.2
ピアノ&トイピアノ演奏


☆ 夏を感じる曲、プログラムは当日のお楽しみです ☆

2017年7月16日(日)
 ウーノ演奏会 5時pm ~  ディナー 6時30分pm ~
ディナー+演奏会 8,500円
1泊2食付+演奏会 18,500円

2017年7月17日(月)
 ランチ 12時pm ~ ウーノ演奏会 1時30分pm ~
ランチ+演奏会 7,500円

■ピアノパフォーマー・ウーノ プロフィール
本名 宇野正志
東京音楽大学ピアノ演奏家コース卒業、同大学院終了。日本クラシック音楽コンクール審査委員特別賞・ヤングアーティストコンクール金賞・桜井賞受賞・平成24年度岐阜市芸術文化奨励賞受賞。シェーンハット製トイピアノに惹かれ、トイピアノを持ち運んで演奏する「よりみちコンサート」を岐阜から全国に展開している。

 

近くなった山荘で
ランチを楽しんでください。


《新東名》
〈浜松いなさ ― 豊田東JCT55キロ開通〉
〈山荘が近くなりました!〉
森・掛川インターチェンジから25分

伝統のフランス料理
コース料理 3,000円 4,000円 5,000円 〈税別〉
      お選びください。 

 

自然のなかで
思い出に残るお食事をお楽しみください。
たくさんの木々の間を通りぬける空気が
冷やされ「シェーク」されると
それも「ごちそう」です。

ランチ、ディナー、宿泊について
くわしいことはお問い合わせください。

 

オーベルジュとは・・・
《フランス語の辞典によれば》
「地方色豊かな宿泊付きレストラン」
「三鞍の山荘」・・・オーベルジュ・・・
新東名(森・掛川インター)から25分
東名(袋井インター)から45分

森町に入り、太田川にそって走り、支流の三倉川を左右に見ながら上流へ。
三倉の町の旧道を通ると、つきあたりに大きな看板があります。
そこから5分進むと、「山荘」への登り口があります。
自然に囲まれた「山荘」のお食事は、景色も「フルコース」の一皿です。
(ランチ・ディナー)のんびり、ゆったりとお召し上がり下さい。

 


昼ランチ、夜ディナーでの予約もお受けいたしております。
ゆっくり泊まって食事をしてたくさん思い出をつくってください。


 

 



<昼のランチ大好評>
A.   3,000円(+消費税)
B.   4,000円(+消費税)
C.   5,000円(+消費税)
野菜たっぷりの身体にやさしいフランス料理
※電話予約は前日まで、インターネット予約は一週間前までにお願いします。
<ディナー>
10,000円~(+消費税)
<山荘宿泊料金>
2~3名の場合(一泊2食付き)
15,000円(+消費税)
4名以上の場合(一泊2食付き)
12,500円(+消費税)
 
 
 
 三鞍の山荘 QRコード
 

森町公式ホームページ ふるさと納税へ  

日常を忘れてのんびり、自然を満喫できる三鞍の山荘の宿


ディナーはフランスの古典料理。伝統の味を基本にして、食べやすく健康にやさしい料理を召しあがっていただきます。
朝食は和・洋食のバイキング。 おふくろの味、焼きたてのクロワッサンなど、30種類が楽しめます。
お部屋ではちゃぶだいを囲んでのんびりおくつろぎ下さい。晴れていれば満天の星が見られます。

三鞍の山荘は通年統一価格です。

<山の中で同窓会・誕生会・記念日>
 それぞれのメニューでお楽しみいただけます。

<ご連絡先>
 〒437-0208
 静岡県周智郡森町三倉字川の沢1099-3
 Tel 0538-86-0225
 Fax 0538-86-0366
 休日:火曜日、水曜日
 ※満室の日がございますので、空いている日をお問い合わせください。

 


ご宿泊、ディナー、ランチをご予約の方はこちらをクリックしてください


ページトップへ




遠州森町のオーベルジュ「三鞍の山荘」泊まって楽しむフランス料理

 

 
雨あがり   坂道からながめる
     
 
9号室の入り口。   空気がおいしい



 

2017-07-14

夜間活動するはづの「日本カモシカ」が日中でも山荘の横の雑木林に出没する。

出没と表現するからには相手に姿をみられないようにしているわけであるが、山荘にも現われる「日本鹿」は堂堂としていて、相手がこちらをみているという感じである。

保護色となるべき木々の間にいるわけであるから注意をしていることにはちがいないが、それにしても日中現われることには気になる。

地元の人たちの情報によれば「夜4〜5頭が」群をなしているのをみた・・・とか、田んぼの中でうえたばかりの稲穂を食べていた。・・・
たしかに夜になると「田んぼ」のまわりに防護柵をはりめぐらして電流を流しているが、「動物」の知恵ははるかに人間さまの上をいっているようで、どこか電流の流れていないところをみつけて「えさ」のところに入り込んでいるのだろう。

野生の「日本鹿」がこの近くに来るというのは、人家があって狩猟禁止区域になっているのを知っているのであろう。
危害を加えられないとなれば、これ程安全な「ごちそう畑」はない。

それにしても「食べられる側」としてはたまったものではない。
さて、何か人間さまの次なる策はあるのだろうか。

これが自然なのかな?・・・

 

 

2017-07-01

おそかった「つゆ入り」も、たっぷりの降雨があって「水不足解消」になったようだ。

この雨と似合うのが「あじさい」の花。
毎年この季節に来荘されるお客さまから、今年は花の色がイイネーとほめられる。

特別に花の世話をしているわけではないので、少し「てれ」るが、開いた花をみつめて感謝する。

つゆの終わりはまだ先のようだが、予報によると「つゆ」が終ると「あつい日が続く」ようだ。

そうなると「山荘」の朝夕の「ひんやり」空気はごちそうになる。とくに夜明けは「ハダサムサ」を感じる。


ディナータイムになると風が通るベランダで、お好みで食前酒をおだししている。

「キール」のタンサン水で割ってのむおのみものが好まれている。
ア、ボートルシャンテ!!

 

 

2017-06-16

つゆのシーズンに入ったのかわからぬ程の雨のふらない日が続きます。

日中、太陽の下ではあつさを感じるが、日影になっている木々の下では涼しいので気持ちがよい。

毎回書いているように、相変わらず「ウグイス」の「さえずり」が山荘をおとづれる人たちをここちよい気分にさせてくれているのに感謝。

最近になって、これに「ホトトギス」が加わってなくのでにぎやかです。少し音色が高すぎるのが気になりますが。

他にも、時間帯によって聞えてくる小鳥たちのなき声もあるが、あまりにも身近かでなかれるので、「ウグイス」「ホトトギス」に軍配をあげてしまう。

にぎやかさでいったら、もう一種類います。それは「コジュケイ」です。

この鳥は「コチャコイ、コチャコイ」となきさけびます。
仲間をよんでいるようにも聞えるし、「イカク」しているようにも聞こえる。

ベランダをぬける木々の香りのついた空気は、涼しいし気持ちがよい。おいしいごちそうです。

 

 

2017年のバックナンバー

2016年のバックナンバー

2015年のバックナンバー

2014年のバックナンバー

2013年のバックナンバー

2012年のバックナンバー

2011年のバックナンバー

2010年のバックナンバー

2009年のバックナンバー

2008年のバックナンバー

2007年のバックナンバー

2006年のバックナンバー

2005年のバックナンバー

2004年のバックナンバー

 
  ページトップへ

画像をクリックして「夢」のページへ
 
三倉小学校での調理学習「ポタージュスープとポテトのリヨン風をつくる」←クリック  




燻製教室は日本エスコフィエ協会(フランス料理シェフの会)の教室です。
エスコフィエ協会のホームページはこちら
      ・季節としては秋から冬にかけてが最適です。
        夏のあつい時は「くんせい教室」はやりません。
      ・お一人でも参加できます。
      ・ 尚、体験は初級からプロまでのコースがあります。
      ・ お泊まりの方は無料です(初級コース)
      ・ プロのコースはお問い合わせください。

      詳しくはお問い合わせください
      TEL. 0538-86-0225 / FAX. 0538-86-0366

「朝のひととき

 朝食を召しあがったあと、ベランダに「手製の燻製ボックス」を置き、「手軽にできるくんせい」をお見せしている。

 題して「山荘のくんせい教室」。
 「ホームページ」にこのことを載せたこともあり、「山荘」にお泊まりの方は興味をもって参加していただいている。

 「ソミュール液」に「ゆでたまご」を1時間ほど漬け込み、この「たまご」を燻製にしていく。他に「チーズ」や野菜の煮物などを加える。時間があるときは、「スモークサーモン」や「生ハム」作りなどもお見せすることもある。

 「山荘」には大人が4~5人入れるような「燻製小屋」」もあり、これを参考に見ていただいてから「コンパクト」な「手製ボックス」で燻煙をしてみせる。

 参加されるほとんどの方が「モクモク」とたくさんの「けむり」で「いぶす」「くんせい」を考えているようで、少ない「けむり」で「おいしさ」をつくるという方法には「自分でもつくれる」という自信を持たれるようで、参考書ともなるべき私の著書「作ってみる・食べに行く」柴田書店をお買い求めて帰られる方もいる。

 「くんせい」の「アウトドア」的な要素に興味をもたれる男性の方の参加も多く、「自宅」に「小屋」をお作りになったという「お便り」をいただいたり、専門的な質問をしてこられる「マニア」が増えつつある。

 今朝の教室には、お子さんたちが加わって、可愛い「声」がまざったりして「にぎやか」な楽しいひとときであった。


ページトップへ


泊まりにくい宿

三鞍の山荘は泊まりにくい宿です。それは自然を守るための「お約束」を守っていただくから。これに同意される方のみお泊まりいただいております。

「お約束」その1
タバコをお吸いの方は、決められた喫煙所でお吸いになっていただきます。宿泊棟の中、レストランの中では吸えません。タバコをお吸いの方には、きゅうくつなお約束事です。しかし、その甲斐ありまして、築後もう20年程経ちますが、お部屋の中は木の香りがのこっています。部屋の中におりますと入り込んでくる木々の香りに「山のにおい」を、心地よく感じられます。
「お約束」その2
野山に咲く草花を折らないでください。ぜひ自然の中において、ながめてください。自然の中におりますと、それが当たり前なのでしょうが、守ることのきゅうくつさを感じておられる方には、泊まりにくい「山荘」です。



●お二人から40人までご利用ください
●ピアノ、将棋、トランプ、マージャン、人生ゲーム、すごろく等でお楽しみください。

-三鞍の山荘-
ちゃぶだいを囲んでのんびりと思い出づくりをしてください。
※お楽しみ
ディナーはフランスの古典料理を基本にして食べやすく健康にやさしい料理を召しあがっていただきます。
※朝食
和・洋食のバイキング
おふくろの味30種類が楽しめます。
※夕食後
晴れていれば満天の星が見られます。
雨ならば霧にむせぶ宿泊棟が幻想的です。

三鞍の山荘への道は分かりにくいので、カーナビで来られる方は注意してお越しください。 遠くてへんぴなところでもおこらないでください。自然はこんなところにあるのです。



森の中での小さな披露宴

食事会のような披露宴

そんな披露宴はあなたの企画

お二人、そして両家の家族、親しい友人だけの
思い出に残る食事会(披露宴)をしませんか?

格式ばった式より心にのこるセレモニー

自然がそっとおてつだい

10名様~40名様

一泊2食付きのご披露宴

ご予算に応じます


 

三鞍の山荘は、エスコフィエ協会の研修センターとしても使われている。エスコフィエ協会は、フランスの著名な料理家、故オーギュスト・エスコフィエにちなんで設立された財団組織。欧米をはじめ世界各国のホテル、レストランの一流シェフが会員に加入している。日本支部は、設立46周年を迎える。2012年4月、社団法人 日本エスコフィエ協会となる。福田 順彦が会長、今井克宏はメゾン・オノ資料館の館長、相談役を務める。正会員は1,800名。

日本エスコフィエ協会のページ

 


ご好評いただきました前著『燻製 料理と技法』の第2弾を柴田書店より発行していただきました。
「作ってみる・食べにいく 燻製料理」は、ご家庭の主婦にも簡単にできる 、 市販のパック商品・冷凍品など身近な食材、燻煙資材・装置を使って、速燻法(瞬間燻製)によるクイックスモークを中心に紹介しております。
基本を押さえれば特別な素材、技法を用いなくとも簡単に燻製をつくることができます。 例えば食材に軽く燻煙をかけるだけで、いつもの食卓を一変させることができるます。
本書ではまた、日本エスコフィエ協会の朋輩3人のレストランの紹介、そして燻製料理レシピも掲載しています。
ぜひご家庭で挑戦するとともに、おいしい燻製料理を食べに行って楽しんでみてください。


B5判・144頁オールカラー
監修・著者/今井克宏
柴田書店
¥2,800
 

ページトップへ



 








<ご注意>

カーナビの種類により、道路工事などをしていると遠回りさせられる場合がありますのでお気を付け下さい。悪路の山中の道へ入りますと走行が大変です。

※カーナビ使用は、まず三倉小学校を入れると良いでしょう。そこから「山荘
 入り口まで」4~5分です。

※もう一度ご注意を!!
 森町、森川橋を渡ったら三倉、川根方面へ。三倉の町は旧道に入ってください
 (安形モータースさんの横道)
 つきあたりのTの字を右へ……もう少しで山荘です。
 いずれにしろ大きなカンバンがあるのでわかります。

 

 


「ホームページ見ました。場所はだいたい分かりました。」とお客様。
「お気をつけておいでください」と山荘のスタッフ。
壁越しに電話での会話が聞こえてくる。
こんな説明で大丈夫かなと思っていると案の定、このお客様は、山荘の道とは異なる方を目指している。

「今トンネルをくぐりました」
「ちょっと違っているような気がするのですが」
「はい、違っています。その道を元に戻ってください。Tの字になっているところがありますね。そこを森町の方から向かって右手に曲がってください。本川根方向に来ます。そこから4~5分先に山荘への大きな看板が出ていますので、その道を山の方に登ってください。」
これでもう大丈夫と思っていると、この看板を見過ごして行ってしまうお客様もいる。

道案内となるべき看板は要所においてあるのだが、気がつかないで通りすぎてしまうようだ。
一番間違いやすい三倉の町に入り、問題のTの字のところには、二ヶ所の看板がおいてあるが、他のところとのかねあいで小さな看板となる。そのため「必ず右手に曲がってください」という言葉を付け加えているのだが、どうしても左手に曲って行ってしまうのである。

道路の右・左は大きく、その曲がり方でとんでもない方面へと行ってしまう。特に左手春野町へは、ますます山の中へ入って行くので、その途中で気が付くことには間違いないのだが「スムーズ」においでいただくのが一番であって、道案内の下手さを反省しているのです。
じゃあ、看板の大きなものを出せば良い…ということになるのでしょうが、自然の中への「ごあんない」なので「地味」にやりたいのです。

「森町中心から三倉の町に、ここに「Tの字」があります。
ここを右手「本川根方面」に曲がり、そこから4~5分先に看板があります。」

山荘の入口です。


詳しい地図はこちらをご覧下さい。


※宿泊状況に関してはこちらを参照してください
ご宿泊、ディナー、ランチをご予約の方はこちらをクリックしてください

………………………………………………………………………………………………………

三鞍の山荘
QRコード



お問い合わせ・ご予約は
三鞍の山荘
TEL: 0538-86-0225
FAX: 0538-86-0366
住所: 〒437-0208
静岡県周智郡森町三倉字川の沢1099-3
定休日: 火曜日、水曜日

※満室の日がございますので、空いている日をお問い合わせください。





森町公式ホームページ ふるさと納税へ

ソルト ドットコム

今井克宏のコラム“うまい料理”

今井克宏の“忘れ得ぬ人”